El Tapatio - Authentic Mexican Restaurante

50c ADITIONAL CHARGE FOR EACH TAKE OUT THEM
ADITIONALが課金する50cは、彼らを連れ出します

 

Tapati'o

Tapati'o is a Mexican Spanish colloquial term for someone from Guadalajara in the state of Jalisco, Mexico's second largest city. It is also used as an adjective for anything associated with Guadalajara. The word derives from the Nahuatl word tapatiotl, the name of a monetary unit in pre-Columbian times which became most closely associated with the region in which today's Guadalajara is situated.
Tapati'oは、ハリスコ(メキシコの2番目に大きな都市)州のグアダラハラからの誰かのためのメキシコのスペインのくだけた語です。それが、グアダラハラと関連した何のためのでも形容詞としても使われます。語は、ナワ族知らせtapatiotl(今日のグアダラハラがある地域と最も密接に関係しているようになったコロンブスのアメリカ大陸発見以前の時間の金融単位の名前)に由来します。

From Wikipedia, the free encyclopedia


 

Mexican Spanish

Mexican Spanish (espan~ol mexicano in Spanish) is the Spanish language as it is spoken in Mexico.

As a result of Mexico City's central role in the colonial administration of New Spain, the population of the city included relatively large numbers of speakers from Spain. Mexico City (Tenochtitla'n) had also been the capital of the Aztec Empire, and many speakers of the Aztec language Nahuatl continued to live there and in the surrounding region, outnumbering the Spanish-speakers for several generations. Consequently, Mexico City tended historically to exercise a standardizing effect over the entire country, more or less, evolving into a distinctive dialect of Spanish which incorporated a significant number of hispanicized Nahuatl words.

メキシコのスペイン語

メキシコのスペイン語(スペイン語のespan~ol mexicano)は、メキシコで話されて、そのままのスペイン語です。

ニュースペインの植民地の管理でのメキシコシティーの中心的な役割の結果、都市の人口は、スペインから話者の比較的かなりの数を含みました。メキシコシティー(Tenochtitla'n)はアステカ語帝国の首都でもありました、そして、アステカ語言語ナワトル語の多くの話者はそこで、そして、周囲の地域で生き続けました。そして、数世代のためにスペイン語を話す人より多かったです。従って、メキシコシティーは、だいたい、歴史的に全国の上に標準化している効果を及ぼす傾向がありました。そして、かなりの数のhispanicizedされたナワ族語を取り入れたスペイン語の特徴的な方言に発展しました。